JAPAN ART PLANNING CENTER

台北のレストラン「東京彩健茶荘」

台湾台北市のレストラン「東京彩健茶荘」を建築の改装含めデザインしました。

東京彩健茶荘は50年前に建てられた住宅を改装して生まれた、日本と台湾のお茶をメインにした多目的カフェである。
まず住宅からカフェへと変更するため大幅な間取り変更とそれに伴う構造の補強を実施し、ファサードは古き良き台湾を 感じさせる煉瓦と、古き良き日本を感じさせる格子のデザインをミックスさせ、それぞれの国を感じさせるデザインに。
内装は、西洋館の窓に多く取り入れられるステンドガラスを和に再構築した壁面、中世ヨーロッパで多く見られたコロンバージュ(木骨造)を取り入れたカウンター、カウンター背面の壁は茶箱をモチーフにしたモールディングの凹凸のような テクスチャー、そして全体の家具はヨーロッパブランドを取り入れ、和とヨーロッパのデザインをミックスさせた。
これらにより台湾・日本・ヨーロッパ様々なデザインが混ざり合い、和を表現しながらも一つの文化に縛られない空間となった。

Works

© 2019 JAPAN ART PLANNING CENTER Co., Ltd.